コピルアク専門店ウフコーヒー

インドネシア・バリ島 Bapak Nyoman農園について


 友人の農園から直輸入する『大自然の贈り物』

数年前、英語の勉強がしたかった私(松岡啓介)は、日本人以外の人に声をかけまくっていました。
とあるホテルのビュッフェコーナーの一角でローストビーフをカットしていたスタッフが、 バリ出身のEddie(エディー)でした。
我々はすぐに意気投合し、後日飲みに出かけて・・・数年後、こんな話をされました。


「家族でコーヒー農園を経営している。うちの農園には天然のルアックコーヒーを目当てに世界中からバイヤーが来る。しかし誰にも譲らない。日本でうちのルアックコーヒーを広めてくれないか?」
この一言で
岐阜県各務原市にあるアジアのコーヒーを専門に扱っている 地平線が見えるカフェでもお馴染みの
焙煎工房 ufu CAFE
を通じて我々の想いは形になりました!!

そんなBapak Nyoman農園はバリの空港があるデンパサールから北へ2時間程車を走らせた場所
(Banjar lawak村)にあります。グーグルマップにも出てこないような田舎の小さな村です。

バニラやマンゴー、パパイヤ、バナナ等がたくましく自生しています。
Eddieのお父さん  Bapak Nyoman
Eddieのお母さん  Ibu Wayan sari

ちなみにEddieの本名は  I made edi sulawa
通称 Eddie エディーとなるわけです。

実際のBanjar lawak村は大自然そのものと言った言葉がピッタリです。

村長にもご挨拶をしました。

村長 左が村長 右の女性はEddieの姉さん

Bapak Nyoman農園は家族で合わせると約27000坪の畑を所有しています。
そんな広大な土地では農薬等は一切使用していない、
完全無農薬栽培です!!
そんな、コーヒーチェリーをジャコウネコが食べるわけですから、
高い安全性と価値が有ります。

グアバだって、そのままかじります
私(松岡啓介)とEddieです。
グアバだって、そのままかじります!!

当店で取り扱っている、
ジャコウネココーヒーは、
インドネシア・バリ島にある標高約900m、Banjar lawak村のBapak Nyoman農園が
産んだ大自然の贈り物です。

独特の香りや風味を持つコピルアクは大変希少なため、
”世界一高価なコーヒー”としても知られています。
当農園でも、年間生産量はわずか100kgです。
一生に一度は飲みたいと言われるコピルアク、特別な日やプレミアムな時間のお供にしてはいかがでしょうか


PageTop

  • 農園について
  • 当店のコピルアクについて
  • ギフト商品


  • コーヒーの淹れ方
  • instagram
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ